黄金の梅干し

私は子供の頃から36年間、梅干しが大嫌いでした。

見るのも嫌、臭いを嗅ぐのも嫌、存在自体が嫌。

食卓でも梅干しが見えると憂鬱になり、なるべく遠いところに座るくらいです。

そんな私が、今や自分で梅干しを漬けるというから人生って不思議です。

しかも私の作る梅干しは黄金の梅干しなんですよ。

この製法は、ある失敗から生まれたものなのです。

そして、祈りながら作ること、これが最も大事。

今年の梅仕事の様子を通してブログの中で公開しようと思っていますのでお楽しみに。

img_1388-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
新居に越して、ウッドデッキで広々干せるようになりました。

梅は紀州南高梅の大粒のものを使っています。塩は国産の海水塩です。

天日塩を使うと気が遠くなるような金額になりますから、普通の釜焚きの塩ですが、

十分すぎるほど美味しいです。

昨年は10キロ漬けましたが、もう半分くらいに減ってしまいました。

今年は20キロ漬けようか、はたまた、30キロか・・・

img_1630
光り輝いています

 

昨年は私の娘と実家の母、隣町に住む私のクリスチャン仲間と梅仕事をしました。

女ばかりで集まっての梅仕事は楽しいものです。熟した梅の実のいい香りを胸いっぱい吸い込みながら、わいわいお喋りしながら。

 

ああ、今年もその日が楽しみです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中