絵本は楽しいvol.3

前回、図書館で借りて来たのは5冊と書きましたが、実は7冊でした!

娘が早々に自分の部屋に持って行ったらしく、私も借りたのをすっかり忘れていました‥‥

それが、この2冊

img_6198
右の「おてつだいの絵本」は、娘が選んできたものです。女の子はこんな本に興味を持つのですね!

 

まずは、『はしって!アレン』から。

末っ子のアレンはいつもお姉さんお兄さんの遊びについて行くのが精一杯。追いつく頃には次の遊びへ‥‥末っ子の気持ちや目線がとても良く分る一冊です。

この美しい絵は、市川里美さんが描かれています。情景やストーリーと絶妙にマッチしていて、文章をより輝かせています。逆に原作はどのような絵だったのか気になります。きっとこの絵本は原作を超えているのではないでしょうか。

 

そして、娘が選んできた『おてつだいの絵本』

私がこの手の絵本を借りることは、まずありませんから新鮮です^^

ハウトゥ本の事始めという感じです。お家のお手伝いの色々がジャンル別に網羅されています。とってもわかりやすく説明してあって、絵も可愛いです。お手伝い上手になってくれるといいですね〜。

 

せっかくなので我が家の絵本も紹介したいと思います。

『あなたがうまれたひ』

この絵本は次男を亡くした直後に見つけました。本屋さんで涙が止まらず困ったのを思い出します。祝福された私たちの誕生が身の回りの科学と共に愛を持って書かれています。次男が誕生死した病院にも寄贈しました。読み聞かせで4年生のクラスに行ったとき、この本を選びました。

『はっぴいさん』

荒井良二さんの独特なタッチが光る一冊ですね。子供が描いたような「ヘタウマ」な絵と文字と文章に癒されます。大人になると、なかなかこのようには描けません。荒井さんの絵本の中で、私はこれが一番好きです。

『ゆきとトナカイのうた』

ラップランドの厳しい自然の中、サーメの人々の暮らしが女の子の目を通して色鮮やかに描かれています。絵も色も本当に美しく、淡々とした文章の中に日々の暮らしへの愛と感謝が感じられます。とても長い絵本ですが、子供達も大好きで何度読んだか分かりません。本当に大好きな一冊です。

 

今日も沢山絵本を紹介出来て嬉しいです。まだまだ紹介したい本は沢山ありますから、これからゆっくりと紹介していきたいと思います。

 

皆さんの豊かであたたかな日々を、心からお祈りいたします。

 

 


絵本は楽しいvol.3」への2件のフィードバック

  1. 素敵な絵本がいっぱいですね!ワクワクします。
    よい絵本って、本当にとても満ち足りた気持ちになりますね。
    前回紹介してくださった絵本、「おばあさんのお引っ越し」は、我が家でもお気に入りの絵本として仲間入りしました。届いてからもう何度もリクエストされて、私自身もかなり楽しみながら読んでいます。読み聞かせしているときのこどもたちの反応やキラキラした目や顔をみていると、楽しくて嬉しくなります。今回もまた、読み聞かせしたい、手元に置きたいと感じる絵本をいくつも見つけることができ、とても嬉しいです。紹介してくださって有難うございます。「はしって、アレン!」は、私自身と次男に今すぐ読んであげたいです。早速、図書館で借りてみようと思います。
     あなたに豊かに聖霊が注がれ、神様からの限りない祝福がありますように。
     

    いいね

    1. 毎回コメント頂き、有難うございます。
      この世にまだまだ埋もれている沢山の素晴らしい絵本を紹介していきたいです。有名な絵本が良い絵本というわけではないですからね。お子さん達と尊い豊かな時間が過ごせますように。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中