絵本は楽しいvol.4

今日も素敵な絵本を紹介したいと思います。

今回はこちらの4冊。またまた図書館のものをお借りします。

img_6378
私にとって懐かしい本と初めましての本と・・・

まずは「ちいさなちいさなめにみえないびせいぶつのせかい」

とても完成された絵本でした。平成27年度の課題図書だったそうですが、絵もきれいで分かりやすく、大人が読んでも面白かったです。良い絵本が続々と生み出されているのですね。嬉しい限りです。

 

そして、「よかったね ネッドくん」

息子が小さい頃に読んであげた思い出があります。この本はネッド君のラッキーなこととアンラッキーなことが交互に、それも奇想天外に繰り広げられ、ワクワク、ハラハラ。英語の原文も付いていて、ちょっと勉強になります^^

おいおい、と突っ込みながら是非読んでみてください。

 

そして、「ロバのシルベスターとまほうのこいし」

ある日ロバの子のシルベスターが素敵な小石を見つけます。それは口に出して願ったことが本当になってしまう、魔法の小石だったのです。そして、その魔法でうっかり岩になってしまったシルベスター!どうやって戻ればいいのか・・・

とても楽しい絵本です。最後のページにほっこりします。是非読んでみてくださいね。

 

最後に、「コウノトリのおはなし―えんとつのうえの車輪―」

あまりにも有名な絵本作家、マーガレット・ワイズ・ブラウン。この人の絵本は沢山ありすぎるためか、好きなものと嫌いなものがあります。こちらはとても素敵な絵本で、私も欲しい一冊です。絵が本当に美しくて、全部のページを紹介したいくらいでした。

コウノトリの生態や、人々に愛されている様子がとてもよく分かります。この絵本は買おうかなぁ・・・うん、買おう!

 

おまけとして、我が家にあるお勧め図書を少しだけご紹介します。

 

まずは「夢見るピーターの七つの冒険」です。

img_6415
イアン・マキューアン作 / 真野 泰 訳/ 中央公論新社

口数が少なく「難しい子」と思われてしまうピーターは、実はいつもとっても素晴らしいことを想像しているのです。ピーターの頭の中で繰り広げられる「冒険」の数々や、彼のものの見方に思わず笑ってしまいます。そんなピーターを温かく理解する家族と共に、彼の成長を見守っているような気分になります。私はつい、自分自身の子供時代と我が息子に重ね合わせてしまいます。

子供向けの本なのですが、大人のための本でもあります。ちょっと枠からはみ出ちゃってるお子さんをお持ちのお母さん、是非読んでみてください!

(・・・但し、イアン・マキューアンの大人向けの小説は、とってもディープです。私は「贖罪」を読んで、一週間くらい沈んでしまい、それ以外のものに手を出せませんでした。)

 

そして、おまけのおまけ、皆さんもよくご存じの「星の王子さま」

img_6417
サン・テグジュペリ 作 / 内藤 濯 訳 /岩波書店 中央はフランス語版、右は英語版です。旅行先で買いました。

 

この本はあまりにも有名で、知らない人はいないでしょう。でも内容は知っているけど実際に読んだことは無いという人も多いと思います。

実家の本棚に小さい頃からずっとあったのですが、何度読み始めても途中でやめてしまって、結局全部読んだのは大人になってからです。社会人になって悩み多き毎日を過ごしていたある日、実家でふと手に取りました。一気に読んで、感動して涙した思い出があります。それ以来、この本は聖書を知る前の私にとってのまさに「バイブル」でした。

亡くなってしまった次男がお腹にいたとき、この本における岩波書店の著作権が切れて、世の中にものすごい数の新訳が出版されました。私は内藤さんの訳の中で、ちょっと納得いかない残念な表現もあったので、一番いい訳の本を知りたくて散々読み漁りました。本当に毎日毎日、星の王子さまばかり読んでいたように思います。装丁に工夫がされていたり、お洒落になっていたり、人気の作家さんだったり、それはもう色々!20冊は超えていると思います。

私の引っかかっていた部分の表現が素晴らしく改善されている訳もあったのですが、でも結局私は、少し不完全な部分も含めて内藤さんの訳が一番好きだと思いました。

私はこれを妊娠中に何回も何回も読むことによって、次男に「お別れの練習」をさせられていたように思います。

「夢見るピーター」と同様、大人になってから心に沁みる物語ですね。ストーリーを知っている人も、読んだことない人は是非読んでみてください。

 

今日も沢山の絵本や本を紹介出来て本当に嬉しいです。もっともっと素敵な絵本を紹介したいし、もっともっと素敵な絵本に出会いたいです。でも本は・・・やっぱり聖書が一番です^^

 

 

皆さんに神様からの限りない祝福と光が降り注ぎますように。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中