自転車でどこまでもvol.3

前回の▶︎自転車でどこまでもvol.2の翌日、息子と愉快な仲間たちのラーメン屋への旅が決行されました。

昔住んでいた街のお気に入りのラーメン屋さんの話を部活でしたところ、行きたい行きたいと大合唱になったのだそうです。

確かに私も一番好きなラーメン屋さんなんですけど。

今回は約8キロの道のりです。軽いですね!(私にはハードル高いけど・・・)

仲間たちは全員普通のママチャリ。

勿論、以前の息子のように通学用ヘルメットをかぶってくる子はいなかったそうです(笑)

部活動の午前練を終えて集合し、一路ラーメン屋へGO!

結局、土壇場になって同級生が行けなくなり、一学年下を息子が引き連れて行くかたちになったそうですが。

小粒な中坊が5人一列になって自転車を走らせる様子を想像すると、笑ってしまいます。

wallpaper-animals-family-photo-11
※写真はイメージです(笑)

 

その中に不登校の子が一人いて、部活動も卓球のクラブチームも長期間休んでいるそうですが、ラーメン屋への旅には元気に参加(笑)

息子曰く、彼は卓球の才能あるんだから、これを機に復帰できると良いなと。

先輩後輩とか関係なく、息子にとっては友達なんですよね。実際、息子は部活の後輩からあだ名で呼ばれていて、〇〇先輩とはあまり呼ばれていませんし。中学生の変な上下関係、本当に要らないと思うんですけど。

まあ、それは置いといて・・・

学校を休むと、それ以外の用事でも(学校の友達と会う場合は特に)外出しづらくなってしまいます。息子が学校に行きづらくなった時もそうでした。(▶息子のこと)

私自身も経験ありますし、誰でも経験あることだと思います。「ずる休み」とか、「不登校」とか、悪いことをしているような見え方や感じ方がするのは、学校が「行きたくないけど行かなければならない嫌なところ」という感覚が多かれ少なかれ皆にあるからではないでしょうか。休もうが休むまいが、周りの人から「ずるい」と思われる筋合いはないのですから、家から出られるのならばどんどん出たら良いのですよね。部活だけ参加、習い事だけ参加でも、全然良いと思います。そういう雰囲気にしていきたいですね。

彼の心身の不調が解決することを心から祈ります。

さて、ラーメン屋では、学生証を見せると替え玉一回無料になるという九州とんこつを全員で注文。(私のオススメは魚介醤油なんですけど~。)

小粒の中坊が5人、次々と学生証を見せて替え玉してる姿、見たかったなぁ。

その後ボーリング場に寄り、2ゲーム楽しんでから再び来た道を戻って帰ってきました。因みに息子のボーリングのスコアがやばすぎます。2ゲーム合計が110って、どうやったら取れるんだろう・・・スコア表を見るとガータの嵐・・・ってどんだけ~!

ママチャリ君達は慣れない遠出で帰り道ヘロヘロになり、「次は電車で行こうよ〜」「僕の親に車で送って貰おうよ〜」などなど弱音も出たようですが、それぞれ息子のマウンテンバイクを試乗したところ、一気に自転車熱が高まり、「誕生日プレゼントにはマウンテンバイク買って貰う!」と口々に言っていたそうです。どうやら乗り心地とモチベーションが全然違うようです。

やっぱり道具って大事なんですね〜

別れ際、不登校の彼が「明日は学校行くよ!」と元気に笑っていたそうですが、結局翌日お休みで。息子が気になってお宅に伺ったところ、なんと熱が出てダウンしていたそうなのです。あらら・・・

でも、インターフォン越しに、あっけらかんと「熱が下がったら学校行くよ」と笑っていた彼は、本当に翌日からちゃんと学校に来ているそうです。

良かったです。

息子がいつでも貸してくれるというので、私も今日の外出はマウンテンバイクで行こうかなぁ。天気が良いので気持ち良さそうです。私も子の載せ自転車を卒業して、マウンテンバイクを買いたくなったりして。

どうぞ皆さんの日々が光に満ち、神様と共にありますように。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中