祈りって何だろう

日本語の中で、本当によく出てくる「〜をお祈りします」という言葉。

特に改まったお手紙の中などで、お馴染みの言葉です。

祈る内容については、「ご健康」だったり、「ご多幸」だったり様々ですけれど。

私は信仰を持つ前、本当に簡単にこの言葉を使っていました。その手の手紙を書くの、得意中の得意でしたし。

しかしその「祈り」は、ただの言葉でしかなく、本当に祈っていることなど殆どありませんでした(笑)

中身のない、ただの礼儀作法の域から出ない、その言葉。

祈る、というよりは、「そうだといいねと思ってるからね〜」ぐらいのライトなやつですね。実際そう思っていたかどうかさえ、今にして思うと怪しいです(笑)

本当に日本人は、重みのないものが大好きな民族です。そしてその方が評価されます。以前の私は、その筆頭のような人でした。

心にも無いことを言ったり行なったりすることを偽善といいます。

偽善は神様の最も嫌うものの一つです。

私は信仰を持つようになって自分自身を悔い改めた時に、自分の殆どが偽善で出来ていることに気付き愕然としました。

偽善のお化けです。

美徳や人からの見え方を極端に気にするあまり、時には自分を削ってさえして偽善を働くのです。

相手の基準に合わせて更にそれを上回わらなければと思うので、どんなに与えても不足に感じつつ、心から気持ちよく与えられない自分がケチに思えました。とにかくメチャクチャでした。だからいつも苦しく、行動に一貫性がありませんでした。

私が神に従って偽善を手放した時、その偽善と繋がっていた人達が一緒に離れ去りました。私の中にはその人達に追いすがる要素が一つも無く、いま本当に接点が無くなってしまいました。

私の中の情や惰性や打算、そして習慣が、その人達と繋がろうと多少足掻きましたが、努力しないと繋がることができない関係などそもそも必要ないのだと思い直し、そのままになっています。

おかげで人間関係が本当にシンプルになりました。

思ってもいないことを口に出すことも偽善ならば、社交辞令も偽善になります。

だから、おべんちゃらや美辞麗句を並べることも無くなりましたし、「〜をお祈り致します」を使う時には本当に意識して祈ろうと思うようになりました。

この巷に溢れかえっている空っぽの「祈り」が、全て中身のあるものになったら、どんなに良いでしょうか。皆がちゃんと本気で祈っていたら、鬱もいじめも自殺も犯罪も無い、真の平和が訪れると思います。

祈りは神様との疎通です。本気で祈った時、それが神様の御心に値するものならば必ず叶います。祈りには本当に力があるのです。信仰を持つ前にも私は身をもって何度も体験しましたし、今は更にはっきりとそれを感じることが出来るようになりました。

誰かが私の為に本気で祈ってくれた時、また自分が本気で祈る時、私に何か光の波のようなものが降り注ぐのを感じます。聖書の中では、それを「聖霊」と呼びます。温かい感動が私を包み、何かに護られている確信が湧いてくるのです。そして抱えていた問題が好転したり、良い知らせが来たりするのです。だからそのような時には、私の為に祈ってくれた人と神様に心から感謝して、その人の為に私も祈ります。神様からその人に聖霊が注がれますように、と。

誰かの為に祈るということは、最上級のギフトだと思うのです。祈ることはタダですが、その人の大切な時間と心と魂を使う、真に価値ある贅沢なギフトです。高価な品物を貰うよりも、ずっとずっと有り難いものです。

困っている人に何か直接的に施すことができないのならば、募金をするのが今までの考えでしたが、ユニセフや赤十字を筆頭に募金団体が偽善の最たるものと分かり、私はもう募金をするのではなく、祈ることにしました。祈ることで神様から私がその人達の為にできる本当に有益なことも教えてもらえるのです。

私に聖書と神様を教えてくれたRAPTさんは、ご自分が艱難苦難の中にいる時いつも、「私の為に祈ってください」と言います。その度にいつも私は感動してしまいます。「お布施が必要です」とか、「献金が必要です」とか、「募金が必要です」じゃないんですから(笑)これだけでも、どれくらい祈りに力と価値があるか分かると思います。因みにRAPTブログの中の有料記事では聖書とキリスト教を具体的に学べます。一月たったの800円で4つ以上の記事が読めますから、新聞や雑誌などを考えてもとても良心的な価格だと思います。本当に価値のあるものですから心からお勧めします。

初回月(2015年8月)の有料記事を以下にご紹介します。

▶RAPT有料記事1(2015年8月3日)人生の願いを叶えるために必要な幾つかのこと。

これを申し込むと、以下の6つの記事も読めますよ。

▶ RAPT有料記事2(2015年8月10日)考えが運命を左右する。

▶RAPT有料記事3(2015年8月13日)自分の行くべき道とは。

▶ RAPT有料記事4(2015年8月17日)善悪の心の葛藤はなぜ起きるのか。

▶RAPT有料記事5(2015年8月21日)個性を殺す世の中から、個性を生かす世の中へ。

▶RAPT有料記事6(2015年8月24日)本当の愛とは何か。

▶RAPT有料記事7(2015年8月31日)神様の助けを受けられる生き方。

皆さんも是非「祈り」を見直してみてください。

どうやって祈ったら良いのかわからない人は、以下の記事をご参考ください。こちらは有料記事が始まる前にRAPTさんが一般記事として書いたものですので無料です。

▶一人一人が悪魔の誘惑に打ち勝つことが、この世界を変えることになります。先ずは自分のためにお祈りしてみてください。

▶何をどう祈ればいいのか、具体的な方法をお教えします。自分の人生も世界の運命も変える鍵がここにあります。

どうぞ皆さんに神様からの祝福がありますように。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中