今朝の私に響いた聖句

今日、朝のお祈りを捧げた後、頭に浮かんだ聖句を探して聖書を開きました。

私は詩編が本当に好きなので、度々戻って読み返してしまいますが、その度に違う詩から力を得るのです。


《詩編119章65節 (テト)》

主よ、あなたの御言葉のとおり

あなたの僕に恵み深くお計らいください。

確かな判断力と知識を持つように

わたしを教えてください。

わたしはあなたの戒めを信じています。

わたしは迷い出て、ついに卑しめられました。

今からは、あなたの仰せを守らせてください。

あなたは善なる方、すべてを善とする方。

あなたの掟を教えてください。

傲慢な者は偽りの薬を塗ろうとしますが

わたしは心を尽くしてあなたの命令を守ります。

彼らの心は脂肪に閉ざされています。

わたしはあなたの律法を楽しみとします。

卑しめられたのはわたしのために良いことでした。

わたしはあなたの掟を学ぶようになりました。

あなたの口から出る律法はわたしにとって

幾千の金銀にまさる恵みです。


 

私の人生を振り返っても、愚かな行いや悪い考えで、沢山の罪をおかしました。

神様から与えられた身体を好き勝手に使い、自分を騙し、心を麻痺させて、長いものに巻かれ、清濁併せ飲み、酸いも甘いも噛み分けて生きてきました。

「だって人間だもの」みつを

↑こんな言葉に癒されている場合ではありません。

人間だから善も悪も併せ持ち、失敗もあるし、つまずきもある。これは真実です。

人間は完全ではありませんから。

しかし、

「だから、いいんだよ。」

ここで終わらせ、癒しで留めるのは悪魔の囁きです。なぜなら、これは「悔い」で立ち止まらせることだからです。

人間は完全ではありませんから、完全を目指すことができます。

神は、人が倒れ、崩れた時に、傷を癒し慰めてくれるばかりでなく、立ち上がらせて歩くように促してくださいます。

人間だもの、しかし、人間だから、善と悪が判り、悪を滅ぼし限りなく善に近づくことが出来ます。

私はそのことをつい最近まで忘れていました。

無理なことだと諦めていました。綺麗事だと。

でも、限りなく善に近づくことが出来るということを、完全になることができると、今は信じることが出来ます。

「悔い、改める」

この二つの言葉が私達を正しい道に導く羅針盤です。

私は本当に迷い出て、ついに卑しめられました。

でも私が卑しめられたのは、私の為に本当に良いことでした。私が神に出会い、神の教えを学び、心から悔い改めることが出来たからです。善に生きていきたいと渇望することが出来たからです。

私はまだまだ弱く、浅く、不完全で不恰好な人間ですが、神様に少しでも近づけるように、本当に清く生きていきたいです。

再び詩編に戻ります。


《詩編37 ダビデの詩》

悪事を謀る者のことでいら立つな。

不正を行う者をうらやむな。

彼らは草のように瞬く間に枯れる。

青草のようにすぐにしおれる。

主に信頼し、善を行え。

この地に住み着き、信仰を糧とせよ。

主に自らをゆだねよ

主はあなたの心の願いをかなえてくださる。

あなたの道を主にまかせよ。

信頼せよ、主に計らい

あなたの正しさを光のように

あなたのための裁きを

真昼の光のように輝かせてくださる。

 

沈黙して主に向かい、主を待ち焦がれよ。

繁栄の道を行く者や

悪だくみをする者のことでいら立つな。

怒りを解き、憤りを捨てよ。

自分も悪事を謀ろうと、いら立ってはならない。

悪事を謀る者は断たれ

主に望みをおく人は、地を継ぐ。

しばらくすれば、主に逆らう者は消え去る。

彼のいた所を調べてみよ、彼は消え去っている。

貧しい人は地を継ぎ

豊かな平和に自らをゆだねるであろう。

主に従う人に向かって

主に逆らう者はたくらみ、牙をむくが

主は彼を笑われる。

彼に定めの日が来るのを見ておられるから。

主に逆らう者は剣を抜き、弓を引き絞り

貧しい人、乏しい人を倒そうとし

まっすぐに歩む人を屠ろうとするが

その剣はかえって自分の胸を貫き

弓は折れるであろう。

主に従う人が持っている物は僅かでも

主に逆らう者、権力のある者の富にまさる。

主は御自分に逆らう者の腕を折り

従う人を支えてくださる。

無垢な人の生涯を

主は知っていてくださる。

彼はとこしえに嗣業を持つであろう。

災いがふりかかっても、うろたえることなく

飢饉が起こっても飽き足りていられる。

しかし、主に逆らい敵対する者は必ず滅びる。

献げ物の小羊が焼き尽くされて煙となるように。

主に逆らう者は、借りたものも返さない。

主に従う人は憐れんで施す。

神の祝福を受けた人は地を継ぐ。

神の呪いを受けた者は断たれる。

 

主は一歩一歩を定め

御胸にかなう道を備えてくださる。

人は倒れても、打ち捨てられるのではない。

主がその手をとらえていてくださる。

若いときにも老いた今も、わたしは見ていない

主に従う人が捨てられ

子孫がパンを乞うのを。

生涯、憐れんで貸し与えた人には

祝福が子孫に及ぶ。

悪を避け、善を行えば

とこしえに、住み続けることができる。

主は正義を愛される。

主の慈しみに生きる人を見捨てることなく

とこしえに見守り

主に逆らう者の子孫を断たれる。

主に従う人は地を継ぎ

いつまでも、そこに住み続ける。

 

主に従う人は、口に知恵の言葉があり

その舌は正義を語る。

神の教えを心に抱き

よろめくことなく歩む。

主に逆らう者は待ち構えて

主に従う人を殺そうとする。

主は御自分に従う人がその手中に陥って裁かれ

罪に定められることをお許しにならない。

主に望みをおき、主の道を守れ。

主はあなたを高く上げて

地を継がせてくださる。

あなたは逆らう者が断たれるのを見るであろう。

主に逆らう者が横暴を極め

野生の木のように勢いよくはびこるのを

わたしは見た。

しかし、時がたてば彼は消えうせ

探しても、見いだすことはできないであろう。

無垢であろうと努め、まっすぐに見ようとせよ。

平和な人には未来がある。

背く者はことごとく滅ぼされ

主に逆らう者の未来は断たれる。

主に従う人の救いは主のもとから来る。

災いがふりかかるとき

砦となってくださる方のもとから。

主は彼を助け、逃れさせてくださる。

主に逆らう者から逃れさせてくださる。

主を避けどころとする人を、主は救ってくださる。


 

皆さんの今日が、光に満ちたものとなりますように。

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中