見えないものが見える人の話

毎回RAPTブログの読者の証言シリーズは興味深いのですが、最近も凄い内容だったので紹介したいと思います。またRAPTブログかよ~(拒絶感)な方も、是非この方の証言は読んでほしいですね。面白いし、絶対に損しないと思います(笑)。

〇RAPTブログ読者の証言〈VOL.14〉性欲まみれの生活から抜け出して、平穏な日常を手に入れた30代男性。

ご本人のお話も勿論なのですが、この方のお友達の話がとても面白いのです。

このお友達は、証言者の方が信仰を持つようになってから引き寄せられるように、ふらりと会いに来るようになったそうです。

もともと然程仲良くもなかったといいますし、ましてやそれまで霊的な話をするようなこともなかった友達が不意に訪れ、更に流れでこの話になったというのも不思議ですね。

以下、お友達のお話の部分を抜粋しましたので、是非お読みください。全文読みたい方はこちらです。


………

小学校からの男の友人が、夜の空いた時間に作業場を訪ねてきました。
 
近所ですが、普段から良く会うまでの仲ではありません。
 
流れで霊的な話をしていると、
 
「実は、小さい頃から見えないモノが見えるんだ」
 
と言い始めました。
 
親にも信じてもらえず、通常では理解されないから他人に話たのは初めてのようです。
 
間違い無く、嘘を言う人物ではありません。
 
その告白は私の中にすんなりと入り、また、その内容に驚かされました。
 
それは正に、RAPTブログで得た内容の答え合わせに思われたのです。長いですが下に羅列します。
 
まず、空間に黒、灰、白色のモノが見える。
 
物体はマリモを寄せ集めた様な感じで見える。
 
人の輪郭や背中などに色が付く。
 
黒、灰、無色がほとんどで、白色は、今までで一度だけ、病院のベッドで亡くなる寸前のおじいさんで見た。
 
欲など負の感情で黒色が付く。
 
パチンコ屋の開店待ちの人は皆黒いモノが背中に見える。
 
友人も、自分の黒い輪郭を鏡越しに見た経験有り。
 
丁度、無職の期間で、何もする事が無い状態は黒くなりやすい。
 
動画などの映像でも見える。静止画は息遣いが無いので見えない。
 
当然テレビでも見え。芸能人のほとんどが黒い。中でも海老蔵は飛び抜けて黒い。
 
風景は静止画でも、色ではなく感覚で伝わってくる。例として鳥取砂丘の波長が悪く見ていられない。
 
灰色の人は、周りの環境、人により、黒く染まりやすい。
 
友人の小学校時代、父親の背中の黒いモノを触り、背中に乗り移られ動けなくなり学校を四日休む。
 
黒いモノに乗られない対策が、常に気を張っている事と気づく。過去にダラっと緩め2、3回乗っかられる。
 
黒いモノは夜の闇では同化して見えないが、距離が近ければ波長で伝わってくる。
 
その人が寝ていても、黒いモノは見える。
 
黒い人には近づかない。
 
気付いたらその友人の息子が黒くなっており、連れ出して三時間程、問診説教をすると黒いモノが薄れて消えた。
 
子供への躾は厳しい。子供に執着があるように見えたが、自分で判断出来るようになって、悪を選ぶなら助けない。
 
葬式、火葬場の近くには行きたくない。
 
火葬場で何度か倒れた経験有り。
 
他の人が感じない臭い匂いを感じる時がある。
 
昔から体が暖かい。体温は普通。
 
特に手が熱い。
 
自分が黒い時の冬は凄く寒かった。
 
世の中のモノサシは善か悪かだけ。
 
嘘は絶対にダメ。
 
宗教は信じてないが、絶対的な神の存在は信じている。
 
少しでも時間があれば、自分を生かして頂いている神様に感謝を念じる。
 
仕事でコレといったミスをした事がない。
 
集中すると音が消える。
 
一日一食。
 
睡眠は数時間。
 
夜の一時から三時あたりは眠れないので、読書タイムとしている。
 
ストイック過ぎて仕事中に、過去三回倒れる。
 
昔から苦労が多い。新聞配達も経験有り。
 
有料記事の内容などを伝えると、感覚的に全て受け入れています。
 
内容はその日以降に聞いたものも一緒にしてありますが、知識ではなく、自分の感覚によって、ここまで出来るものなのか!
 
と驚嘆し、全てを受け入れる事しか私には出来ません。
 
この世に偶然という言葉は無いというように、友人とのこの日の出会い(結局朝方まで話をしていました) も神様の力を感じずには居れませんでした。


 

如何でしたか?

このように、信仰を持っていない方でも、神様に善悪を判断するヒントを与えられていて、ちゃんとその真意を悟って正しい道を歩んで来られたんだなぁと、そしてしっかりと神様に繋がっている人のところへ導かれていることに感動してしまいました。

しかし、芸能人のほとんどが黒い、中でも海老蔵は飛び抜けて黒い、の部分に目が釘付けになってしまいました・・・いま時の人ですからね。

(この点、悪意を持って書かれていないことは、オリジナルの文面を読んで頂ければ分かると思います。是非お読みください。)

宗教は信じていないけど、絶対的な神の存在は信じていて、少しでも時間があれば感謝を心に念じる、という感覚は、信仰を持っていない時代の私も全く同じで、深く共感しました。

その感覚は幼い頃からあったのですが、特に子供を亡くしてからは、頭の片隅に礼拝堂があり、常にそこでひざまずいて祈っている自分のイメージがありました。当時クリスチャンでもなかったのに、それがとてもキリスト教的だったことが自分でも不思議でした。(当時は思いっきり前世を信じていたので、きっと私の前世がクリスチャンだったのだろうなどと考えて納得していましたけど・・・笑)

しかも私は子供を亡くしてからというもの、神様に祈る内容が「○○○になりますように」と、具体的に祈ることが怖くなってしまい、「良い方向へと導いてください」としか祈れなくなっていたのです。私が望むものや事柄が必ずしも良い結果になるとは言えないことを痛いほど分かったからです。それはまさに、「神様の御心のままに」という事と全く同義だと思いました。

こうして神様は私がしっかりと信仰に結ばれるように着実に導いてくださっていたのだと思います。

どのような苦しみも悲しみも愚かな失敗も恥辱も、神様の御手によって全て益となることを私は知りました。

主よ、あなたの慈しみに感謝します。

 

きっと、まだ信仰を持っていないにもかかわらず、この拙い私のブログに訪れて下さる方も、神様に繋がる機会を与えられているのだと私は思います。

そうでなかったら、特に何の肩書も知名度も無い私の書いたブログに引き寄せられるわけはないと思いますから。

 

私はこの証言者のお友達の言う、「人に取り憑く黒いもの」の正体をはっきりと知っています。その答えは聖書に全て書かれています。それを退ける術も全て。

はっきりと言いますが、教会に行ってもスピリチュアル系やオカルト本を読んでも、残念ながらその答えは得られません。知りたい方は聖書を読んでください。

そして聖書に行き詰まりを感じたらRAPTさんの有料記事を読むのが知恵です。二つ併せて読んでいくことが一番の早道ですけれど。

勿論、今回紹介した証言者の方のようにRAPTさんの有料記事が先でも良いです。どちらから始めても、結局どちらも読むことになるでしょう。それくらい二つは切っても切り離せないものなのです。

 

もしくは祈ってみてください。きっと答えに導かれます。

祈り方が分からない人は、ただ目を閉じて(閉じなくてもいいですけど)「神様、わかりません。教えてください。」と言うだけでも良いと思います。すぐに答えは来なくとも、必ず答えを貰えるので驚くと思います。それも、思いもかけないところから!

その経験をされた方は、是非教えてくださいね。

 

皆さんが神様に呼びかける小さな勇気を持つことが出来ますように。それが大きな喜びであることに気付くことが出来ますように。

そして兄弟姉妹の皆さんに、更なる祝福がありますように。

 

心から祈ります。

 

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中