サタンのアピールにビビらない

昨日私の働いていた梨園から、贈答用や市場への梨の出荷が全て終わったとお知らせが来ました

あとは細々と栗拾いや、キウイフルーツ狩などでお客様が来るのと、諸々の後片付けをするのみだそうです。

なんか、感無量です。

 

 

丁度一週間前のことです。私の左手が萎えてしまった次の日、伸び放題でずっと気になっていた娘の髪を切りに行こうと思い立ちました。

そういえば8月分のお給料を貰っていなかったことを思い出し、梨園の近くの1000円カットに連れて行って、娘のカット中に取りに行くことにしました。

10月ということもあり、お店の中はハロウィン一色です。ドアにも鏡にもカウンターにも、これでもかっ!!と言わんばかりにジャックオーランタンやらおばけやらゾンビやらコウモリやら蜘蛛の巣やらの装飾が施されています。相当悪趣味だと思うのですが。皆、本気で可愛いとかカッコイイとか思っているのでしょうか?

無知のなせる業ですね。本当に無知は罪です。

 

うわ〜、と思いましたが、しかし、それくらいでは刺されない自分がいて驚きました。

少し前だったら直ちにお店を変えていたと思いますが。

 

娘の順番が来たので、ちょっと抜け出して梨園に向かいました。

 

終盤まで残すところ数日という夕方で、あの怒涛の体育会系労働の日々が嘘のように平安が広がり、園主と奥さんが静かに事務作業をしていました。

そして私が顔を出すと、いつになく穏やかな満面の笑みで迎えてくれました。追われるものが無くなって、ご夫婦共々ホッと一息なのでしょうね。

「お疲れさんでした。よく頑張ってくれました。」

 

ちょっと厚めの封筒を手渡されます。

 

お給料手渡し。

わーい。

なんか、振り込みよりも手渡しの方が嬉しさ倍増です。

 

ふと見ると袋入りの家庭用梨が少しだけ残っていました。

新高というドデカイ梨、私はそんなに好きではないけれど、梨の季節の終わりを惜しんで一袋買って帰りました。

ドデカイので、だいたい3つしか入っていません。超特大の1個という袋もありました。カボチャくらいのサイズです。

子供のビックリする顔を思い浮かべ、ネタで超特大1個をゲットするか迷いましたが、結局食べやすい3個入りにしました。(笑)

 

園主は「頑張ってくれたから」とオマケにあと3個入れてくれ、袋は口が縛れないほどパンパンになりました。

新高という梨は、果肉がしっかりしているのでコンポート(シロップ煮)にとても向いています。生で食べ切れなかったら煮ちゃえばいいのですが、せっかく倍になったのだからお友達にあげようと急に思いつきました。

その梨園のすぐ裏に、信仰を共にする友人が住んでいるのです。

彼女には私の手のことを伝えてあり、共に回復を祈ってくれていたのでした。とても心配しているに違いありません。

 

私の顔を見ると、案の定、彼女は涙を浮かべてとても喜んでくれました。私の萎えた左手を温かい手で握ってくれました。小学一年生の息子さんが、大きな梨を受け取って嬉しそうに笑いました。息子さんに会うのは久しぶりでしたが、すっきりとした眼差しの少年に成長していました。彼を見て私も嬉しくなりました。

 

彼女達親子に会えたことで、私もとても元気が出ました。神様が私にそのように促してくださったのだと思います。主よ、心から感謝します。

 

1000円カットに戻ると、娘はまだ鏡の前に座っていました。

なんというか、娘の周りだけ、ホワーンと明るくなっているように見えました。光のバリアが張られているような。

神様が護ってくださっているのだなぁと、また嬉しくなりました。

目にかかった前髪もサッパリと切り揃えられて、娘の顔も輝いて見えます。

 

と、鏡越しに娘が口をパクパク動かして私に何かを伝えています。

なになに?えっと、

 

「コ・ケ・シ・ミ・タ・イ」

 

思わず爆笑してしまいました。

 

そんなことはありません。どっちかというとこっちです。

IMG_7522
突っ込みどころ満載の食育絵本です。(笑)

 

娘が誕生した時に妹がプレゼントしてくれた絵本です。

ずっと髪が長かった娘ですが、2年生になってからおかっぱに切りたがるようになり、今回は今までで一番の短さ。図らずも、この絵本にそっくりになるという・・・(笑)

 

胸に温かい火が灯って家路に着きました。

「もうちょっと長い方が良かったなぁ〜」と娘は言いながら頭を振りました。

「こけしみたいなんだも〜ん」

娘が言うと、息子が、

「どっちかというとマッシュルームだろ〜」と笑いました。

「マッシュルームだ」「こけしだ」という変な論争で盛り上がる中、ふとお給料の封筒を開けると、真っ先に給料明細に目が留まりました。

 

労働日数 18日

労働時間 66時間

基本給 56760円(数字全部足すと6)

 

6のオンパレードやないかーい!

 

思わずツッコミ入れて笑ってしまいました。

因みに労働時間は園主に残業を頼まれて延長したり、仕事が早く捌けて早めに終了したり、労働日数もピンチヒッターでお休みの日に呼ばれたり、逆に希望した日に入っていなかったりしたので、私が意図的に計算したものではありません。あしからず。

 

しかもその梨園は住所も電話番号も6だらけ。

 

買った梨も、オマケを3つ入れてくれて6個になるという。

しかも、私の左手は、意図せずにコルナサインになってしまう状態・・・(祈りは本当に病を治すのか~萎えた手の話

 

なんか凄いなーと。

アピール凄いなー、と。

只々笑ってしまう自分がいました。

(※その梨園の方が意図的にサタンアピールしているという意味ではありません。)

 

一年前の私なら、不吉を感じてビビっていただろうな、と。

もっと前の、信仰を持ち始めの私は、もっともっと過敏にサタンの片鱗を見つけては恐れ慄いていたものです。

 

今は全知全能の神様がどんなに大きなサタンよりも強く偉大だということが心底わかるので、いちいち過敏にならなくて済みます。

信仰が強まれば強まる程、不安や心配から解放されるのですね。ありがたいことです。

 

強くなる=信仰が強くなる

だと思います。

もっともっと強くなりたいです。

 

因みに給料明細には続きがあって、なんと

「8月頑張り手当」なるものが支給されていました!

おかげで6だらけの給料明細の実質の支給額は、全部数字を足すと3になりました。

三位の3。

神様のウィットの効いた采配を感じて嬉しくなります。

 

どんな悪なるものも全て益に変えてくださる神様。

 

神様と共にいれば何も怖いものはありません。

神様に近づけるように、神様に喜ばれるように、神様に受け容れられるように、ずっと成長し続けたいです。

 

皆さんが恐れや不安や心配から解放されて、光り輝く毎日を過ごしていけますように。

神様の御元に導かれますように。

 

心から祈ります。

 

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中